英会話の本質とは、ずばりコミュニケーションへの意欲です。

英会話は、会話です。つまり、英語という一つの言語を使って、相手とコミュニケーションをしようとすることです。でも、日本人で英会話を学ぼうとしている方は、相手とコミュニケーションをすることではなく、英会話が上手になる事を重要視して考えすぎていませんか?
以前、日本の有名歌手の方が、語彙力も文法力も高くないということを自覚したうえで、外国記者のインタビューに対して英語で受け答えしました。そのことに対して、外国人からは好意的な評価が多かった半面、日本人からは、恥ずかしいという否定的な評価の方が多かったそうです。これは、まさに日本人の英会話に対する考え方の違いが反映されていますよね。外国人の方から見れば、英会話力は未熟でも同じ言語を使ってコミュニケーションを取ろうとしたことに対し、賞賛を与えたのでしょう。でも日本人は、英会話が下手ということに対し、否定的な評価を下したわけです。
これでは、英会話が上達できない国民だと思われても仕方ないですね。英会話が上達したいなら、その本質を見誤ったままではダメですよ。

コメントを残す